2009年04月13日

酸素水(高濃度酸素水)とは?

酸素水、別名高濃度酸素水とはどういうものなのでしょうか。

高濃度酸素水(こうのうどさんそすい)とは、通常の空気中に置かれた水に含まれているよりも多い量の酸素を溶かし込んだ水である。単に酸素水、あるいは酸素強化水といった呼称もあるが、「酸素水」は商品名である。

空気中に置いた水には平衡状態で20°Cで1リットルあたりおよそ9.3ミリグラムの酸素が溶解しているが、市販されている高濃度酸素水にはその5〜30倍程度の酸素が含まれているとされている。

高濃度酸素水は1999年には日本食研からすでに発売されていた。2006年になってからアサヒ飲料が参入しコンビニエンスストアで陳列されたりすることによって特に注目されるようになった。背景には酸素バーの流行など、酸素が体に良いとするイメージが流布していることがあると思われる。

市販されている高濃度酸素水の用途は主に飲料用と化粧水としてである。酸素を体に供給するためストレスなどによる細胞の酸素不足を解消して、慢性的な疲労の回復や美容や健康維持に良いとの主張がされている場合もある(ただし、このような効能を主張をしての販売は薬事法違反のおそれもあるので注意が必要である)。

wikipediaより引用

酸素水 OGO
posted by shop ideai 店長 at 11:28| Comment(0) | 酸素水とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。