2009年03月24日

GUESS

GUESS

GUESS(ゲス)って知っていますか?
あまり見かけることがないブランドかもしれませんが、ジーンズや時計、サングラスなどが好きな人には良く知られたブランドなのですよ。 赤い三角の中に、上に「GUESS」、その下に大きく赤く「?」と書かれているブランドのマークを目にしたことはないでしょうか?それがGUESS(ゲス)のロゴマークです。
GUESS(ゲス)は、アメリカ生まれアメリカ育ちのブランド。ジーンズから出発したということもあって、カジュアルなブランドです。


GUESS(ゲス)のいいところは、デザインがカッコイイところ。なんか洗練されたデザインがすごく素敵で、普段使いにはピッタリなのです!わたしもGUESS(ゲス)が好きで、腕時計を何本か持っていますが、どれもデザインが洗練されていてお気に入りなのです。日本国内で販売されているGUESS(ゲス)の腕時計は、インポートなので、電池の交換がちょっと面倒ですけどね。そんなGUESS(ゲス)の魅力を探ってみましたョ!

GUESS(ゲス)の歴史

GUESS(ゲス)は、ポール・マルシアノとモーリス・マルシアノが兄弟で始めたブランドです。では、GUESS(ゲス)のあゆみを振り返ってみましょう。


■GUESS(ゲス)の1977年−1986年

1977年にポール・マルシアノとモーリス・マルシアノの兄弟がマルセイユからアメリカに移住し、そこからGUESS(ゲス)の歴史の第一歩が始まりました。西部への夢や憧れを託したデザインのジーンズ作りがここから始まったのです。

1981年12月に、アメリカの高級百貨店・ブルーミングデールズ (Bloomingdale's)で初めてGUESS(ゲス)のジーンズを発売することになり、GUESS(ゲス)の名前がより多くのアメリカ人に知られることとなりました。

1983年にはGUESS(ゲス)のメンズラインがスタートしました。翌年1984年には、ベビー、時計にもアイテムを拡大し、ジーンズ以外のアイテムも販売し始めました。

1985年には写真家・ウェイン・メイザーが広告写真として初のモノクロ写真を撮り、その後のGUESS(ゲス)のプロモーションに大きな影響を与えました。ここから始まったGUESS(ゲス)の広告写真は、ファッションを専門とする写真家が一流になるための登竜門と言われるまでになりました。1986年には、コマーシャル「Desert」で初めてのクリオ広告賞を受賞しました。


■GUESS(ゲス)1987年−1996年

GUESS(ゲス)は、スタイリッシュなモノクロ写真を基調とした広告で定着し、数々の賞を受賞し、アメリカ以外の国にもその販路を拡大していきました。それと共に、アイテムも着々と広げていきました。1988年にはフットウェア、1989年にはアイウェア、スポーツウェア、1991年にはアスレチックをスタートさせました。この時期は、GUESS(ゲス)の広告のモデルとなったクラウディア・シファーがスーパーモデルとして一世を風靡した時期でもあります。これ以降GUESS(ゲス)のモデルを務めてトップモデルになったモデルたちは数多く存在しています。

また、1991年に出版された「A Decade Of Guess? Images 1981-1991」は、GUESS(ゲス)の10年間の広告写真を集めた写真集です。二ール・カーク、ハーブ・リッツ、マーク・ヒスパー、エレーン・ヴォン=アンワース、 ウェイン・メイザーなど著名な写真家が撮影した、クラウディア・シーファーなどのスーパーモデルたちの写真が満載の大型豪華本です。


■GUESS(ゲス)1997年−2006年

GUESS(ゲス)がスタートして10年経つと、アメリカ国内外にたくさんの店舗を展開するようになりました。1997年にグアム、1998年に南アフリカ、200年にナッソー(バハマ)、2001年にカナダにも店舗を開店しました。日本にも原宿の明治通りに面したところに「GUESS(ゲス)原宿店」があります。

2002年には、「A second decade of Guess? Images」を出版しました。「A Decade Of Guess? Images 1981-1991」同様にGUESS(ゲス)の広告写真をまとめた写真集です。この2002年に、GUESS(ゲス)の店舗は、200店舗を超えました。この年には、ランジェリー、ハンドバッグ、スイムウェアの展開も始めています。

文章素材集 - GUESS
posted by shop ideai 店長 at 15:48| Comment(0) | ブランド GUESS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。