2009年06月03日

顔ダニとは?

顔ダニ

「あなたの顔にダニがいます」と突然言われたらびっくりしますよね。害虫であるダニが顔にいるなんて信じたくないですよね。毎日きちんと顔を洗っているのに、ダニなんているわけないと思いませんか?……いるんです、『顔ダニ』というダニが。 でも、顔ダニとはどのようなダニなのかを知っていれば大丈夫ですよ。慌てる必要はありません。


顔ダニって?

顔ダニは別名『ニキビダニ』や『毛包虫』とも呼ばれるダニの一種で、98%近くの人の皮膚に存在している生物です。私たちが日常でよく耳にするダニは、刺されると赤くはれてかゆみの原因、アレルギーの原因としても知られていますよね。

顔ダニもダニと名前が付くから同じような状態になるのではないかと心配する人も多くいます。 ですが、顔ダニは他のダニとは性質が異なるのでそのような心配をする必要はありません。ましてや顔がかゆくなってしまうこともないので、安心してくださいね。初めて顔ダニの存在を知ったときは、顔がかゆくなったような気がしたり、肌の上を何かが動いたりしているような気になりがちですが、それは気のせいです。

私も顔ダニの存在を知った時は、かゆいような気持ちになりました(笑) 顔ダニの大きさは約0.3mmと他のダニよりも非常に小さく、人の毛穴に生息しています。また、形も他のダニと違って細長いのが特徴です。人の目で直接見ることはできない大きさです。顔ダニは顔だけではなく、人の皮膚のどの部分でも生息できます。顔以外には頭皮にも生息しています。


顔ダニの生態

基本的に顔ダニは人への害はありません。顔ダニは人の毛穴の中に生息していて、毛穴に残っている皮脂を栄養としています。 そのため、特に皮脂が多いTゾーンや毛が多い頭で多く生息しています。顔ダニは余計な皮脂を食べてくれるという点ではありがたい存在なのですが、顔ダニも生物ですからフンをします。どこでするかというと、毛穴の中や肌の上なのです。毎日きちんと洗顔して洗い流す必要がありますよね。 人の目には見えない顔ダニの寿命は約2週間から1ヶ月程度といわれています。 顔ダニは3回脱皮して、卵をうみます。

これらも全て皮膚の上なので、洗顔がいかに大切なのかわかりますね。害はないとわかっていても、気持ち的にイヤですよね。完全に駆除することはできませんが、できるだけ顔ダニを減らすには洗顔が一番です。 ほとんどの人に生息している顔ダニですが、生後まもない赤ちゃんには顔ダニはいません。顔ダニははじめからいるのではなく、人から人へとうつっていくのです。親が赤ちゃんにほおずりすると、それだけで顔ダニはうつってしまいます。赤ちゃんであっても特に害はなく神経質になることはないので、心配しないでくださいね。


顔ダニはニキビの原因?

顔ダニの存在が知られるようになってから、顔ダニがいると「肌荒れの原因」「ニキビの原因」といわれることが多くなっています。これらの原因は顔ダニが全てではありません。確かにニキビの中に顔ダニは生息していますが、顔ダニが多いからニキビができるわけではありません。 ほとんどの人に顔ダニがいますが、全ての人の顔にたくさんのニキビがあるわけではありませんよね。顔ダニの生息数が増えてしまうと、顔ダニの排泄物や死骸によって肌荒れやニキビの原因にもなります。

顔ダニの数が多過ぎなければ、肌荒れもニキビにもなりませんよ。 でも、もしニキビや肌荒れがひどいようならば、あなたの肌にいる顔ダニが増え過ぎてしまっているのかもしれません。今は過剰な数になった顔ダニを抑制する石けんや洗顔料が発売されていますので、それらを使って顔ダニの数を減らしてみてくださいね。 顔ダニはほぼ全ての人に生息しています。

顔ダニの存在を知る前からも肌にいつもトラブルがおこっていなければ、顔ダニを全滅させようとしなくても大丈夫です。これまでも人と顔ダニは共存してきているのですから。 確かに、皮膚に顔ダニというダニがいると思ったらイヤな感じがするかもしれません。でも、これまでと変わらず毎日きちんと洗顔していれば、顔ダニが増殖することもありませんよ。人は顔ダニとこれからも共存していくことができるのです。

文章素材集 - 顔ダニ
posted by shop ideai 店長 at 11:15| Comment(0) | コスメ、美容関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。