2009年05月31日

コントレックス

コントレックス

みなさんこんにちは。ところで、コントレックスって知ってますか?ぼくはつい最近まで知らなかったのですが、どうやら最近流行の水らしい。どういう水かというとナチュラルミネラルウォーターなのだが、数年前から若い女性達の間でやせる水として、話題になっているようだ。うーん、よくわからないので、その効能について、ネットで調べてみることにしました。


コントレックスってなぁに?

コントレックスは見た感じでは無色透明の水というのが一言であらわした感じでしょうか?ですが見た目は水と同じとはいえコントレックスはなんとマグネシウムとかカルシウムといったミネラルを沢山含んでいるのです。
つまりコントレックスはミネラルたっぷりの天然水なんですね。しかもそのコントレックスがもっているミネラルはただ単に豊富にあるだけでなく500mlのペットボトル1本あたり牛乳ビン1本あたりのカルシウムをもっていたり、マグネシウムも10粒あたりのアーモンドに匹敵するくらい持っていてカロリーがゼロなのです。
このコントレックスが含んでいるミネラルの効果は体内の新陳代謝を向上させるとことからダイエット業界で注目されていて、女性達には人気の水みたいですね。

さて、気になるコントレックスの飲み心地は残念な事に飲みづらい感じがします。天然水もそうだけどカルシウムやマグネシウムで基準が決まったりします。
これは硬度という数値でよくあらわされていて硬度が300以上の水を硬水としていますが、なんとコントレックスがもつ硬度は1551とそこらの硬水とは比べ物にならないほどの硬さをもっているのです。それなのでコントレックスは給食の牛乳みたいによく噛んで飲まないといけなかったりする。


コントレックスはどう飲めばいいの?

コントレックスを飲んでダイエットしたい!そんな女性の悩みを答えるべくここでコントレックスを飲みやすくする方法を考えていきましょうか?コントレックスは水と同じ味だし、牛乳みたいに良く噛んで飲むことになるからカロリーがなくて味がなく透明な牛乳を飲む感じでコントレックスを飲めばいいんでないでしょうか?
ではどうやってそれを飲めというのか?それはだねコントレックスはよ〜く冷やしてレモンなどのビタミンたっぷりのフルーツを入れると飲みやすくなるのですよ。


コントレックスのちょっとしたトリビア

コントレックス、この名前はどこからきているのか?コントレックスという名前の由来は採れた地名から来てみたいです。
フランスの北東あたりにコントレックスという名前の小さな村があり、その村の水源地でとれた天然の水をコントレックスと名づけたとか(うむ、分かりやすい)。そのコントレックスの水源地とされているヴォージュ山脈の綺麗な石灰層などといったいろんな地層を透過することで水がろ過されその経過としてミネラル分をゆっくりたっぷり含む地下水ができあがります。

その地下にたまった水を地中深くから採り人為的な加工をせずに産地直送天然100%の状態でペットボトルに入れてコントレックスを出荷するそうです。フランスが代表する天然水にエビアンがあったけどフランスではコントレックスはエビアンの次に人気を持っていて世界では第4位の天然水とされている。


コントレックスが持つ深い歴史

コントレックスはトリビア(?)だけでなく歴史も深い。コントレックスが持つ歴史はいまから200年以上もさかのぼります。そこからコントレックスは時がたつにつれ1861年、フランス初の天然水として厚生省から採用されたそうです。

レマン湖南岸フランス領ではエビアンが有名な水であるけどコントレックスも有名だったりします。それに加えてコントレックスは本来の効果とダイエットとして効果の期待を受けてフランスをはじめヨーロッパ全域そして日本へも痩せる水として進出されたそうです。

文章素材集 - コントレックス
posted by shop ideai 店長 at 00:29| Comment(0) | コスメ、美容関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。