2009年05月31日

脱臭について

脱臭

⇒体臭予防関連商品の詳細・購入はこちら


梅雨時は嫌な臭いが充満する季節と言えますよね。そして梅雨があけたら真夏が到来し、衣服が汗くさくなったり、体臭が気になったり、エアコンから嫌な臭いが出てきたりなど、何かと臭いが気になる季節といえます。そこで臭いを消し快適な環境を手に入れるために、さまざまな脱臭グッズやアイテム、脱臭における工夫があります。


脱臭について正しい知識を身につけ行うことで効率よい脱臭効果を得ることが出来ると言えます。最近ではオゾン脱臭といった新しいタイプの脱臭もあり脱臭分野もどんどん進んでいます。


オゾン脱臭とは?

オゾン脱臭はオゾン(O3)を利用して消臭効果を得る方法です。オゾンは他に殺菌、カビ防止、ゴキブリを寄せつけない、などの効果もあり最近注目されつつある脱臭方法です。
オゾンを発生させる必要があるためオゾン脱臭機といった機器を用意する必要があります。性質上業務用が多いのですが、一般家庭用のオゾン脱臭器も市販されています。


■オゾン脱臭機について
オゾン脱臭で脱臭効果のある臭いは、吸わない人にとっては嫌な臭いでしかないタバコの臭い、夏の暑い季節になるとキッチンから漂ってくる生ゴミの臭い、生活排水を流している近所の下水の臭い、接着剤などの揮発性有機化合物の臭い、体から発する汗の臭いなどに効果が大きいです。
特にトイレのようなアンモニアや硫化水素など様々な臭いによって構成される悪臭についてはオゾン脱臭が大変効果的です。


脱臭の種類について

脱臭はあらゆる生活シーンにおいて必要とされる行為とも言えるかと思います。私たちの大変身近なところでは、部屋、玄関、トイレ、車など大きな空間から、冷蔵庫、電子レンジ、靴などの小さな空間までさまざまあります。そこで各シーンにおける効果的な脱臭について紹介しましょう。

■トイレの脱臭
脱臭といえばまず連想する空間がトイレといえるのではないでしょうか。特に大を行ったとき後から入ってくる人のことを考えると、脱臭を行うことは必然といえますし、マナーともいえます。


据え置き脱臭剤と脱臭スプレー

自分の家で用意する脱臭の基本は、普段から良い匂いを維持することの出来る据え置きタイプの脱臭剤とトイレを使用したときに脱臭を行うスプレー式の脱臭剤の2種類が一般的です。オススメはこの両方の脱臭剤を用意することですが、経済的に難しいときは一瞬で臭いを消し去るスプレー式が望ましいでしょう。
据え置きタイプは使い始め、強い匂いを発しますが時間が経過すると匂いが弱くなってしまいます。脱臭剤の香りはレモンやグレープフルーツなどの柑橘系の匂いが万人に受け入れやすいといえます。

備長炭の脱臭効果について

ちょっと前に流行した備長炭による脱臭はそれほど効果がないと言うことも覚えておい他方が良いです。備長炭はトイレを飾るオシャレなインテリアとしての利用が主になります。

脱臭ファンのないトイレ

また、脱臭ファンなどのついていないトイレの場合は、窓を少し開けてから用を足すなどの工夫も必要です。窓を開けたときは防犯上の理由からきちんと鍵を閉めておくことを忘れないでくださいね。


■玄関の脱臭

玄関は来客者が最初に家の匂いを感じる空間と言えます。また、玄関のそばにトイレのあることが多いため、トイレからの臭いが玄関へ流れてきてしまうこともしばしばあります。したがって、玄関にも据え置きタイプの脱臭剤を設置することをオススメします。
自分の家の臭いになれてしまっている家の人たちにとっては、なかなか臭いに気づかないものです。そこへ来客者が来たとき、嫌な臭いで不快な思いをさせてしまうことがあるかもしれません。もし脱臭剤の化学芳香剤の香りが嫌な場合は匂いが余り強くない植物などを置くのも脱臭効果になるのではないかと思います。


■部屋の脱臭

部屋の脱臭には様々な方法があります。もっとも簡単で無料で行うことの出来る脱臭方法は「窓を開ける」ことです。通気性を良くすることで部屋に嫌な匂いがこもるような心配がありません。脱臭剤を部屋の目立たないところに置くというのも効果的です。

部屋の脱臭として若者だけではなく様々な年代で利用されているのはお香やアロマといった、オシャレな感じで脱臭を行うのが現代のスタイルとなっています。また、部分的な脱臭を行いたいときには脱臭スプレーを利用します。
部屋は人が集まるところでもあるため体臭やタバコの臭い、香水の匂い、さらに料理の匂いなどさまざまな臭いが入り交じる空間です。そのため脱臭は大変といえます。普段からの掃除も脱臭効果になりますので、部屋の清潔が脱臭の第一歩と言えます。

■冷蔵庫の脱臭

冷蔵庫の食材それぞれに違う臭いがつき味を損なわないようにするため、冷蔵庫に脱臭剤を置くのが一般的です。冷蔵庫の大きさによって脱臭剤も大きいものを使用するか、もしくは複数個利用するなどの工夫が必要です。 最近の大型冷蔵庫は脱臭機能を搭載したモデルも多くあり、庫内に脱臭剤を置く家庭も以前に比べ少なくなってきているのが現状です。

■車の脱臭

車も部屋同様、様々な臭いが充満する空間です。とくにエアコンについては長期間未使用でいると嫌な臭いが出てきてしまい、せっかくのドライブを台無しにすることもあります。エアコン脱臭剤といった商品がありますので、エアコンからの臭いが酷いときは利用することをオススメします。

■電子レンジの脱臭

電子レンジも臭いがこもり脱臭にあれこれ考えた方も多いのではないでしょうか。電子レンジの脱臭にはさまざまな工夫があります。代表的なものは落とし終わったコーヒーの残り豆を暖める、レモンやグレープフルーツといった柑橘系の果物の皮を暖めるなどがあります。プラスチックの容器を溶かしてしまった臭いの脱臭は結構大変です。根気よく脱臭を行いましょう。

■靴の脱臭

他人の家に招待されたとき靴の脱臭を怠っていると靴を脱いだ瞬間、異臭が漂ってくるようなことも考えられます。特にビジネスにおいてこのような失態は避けたいところです。靴の脱臭には靴脱臭スプレーが効果的です。毎回行う必要はありませんが、靴を履いている時間と相談しながら定期的に脱臭を行うようにしましょう。

⇒体臭予防関連商品の詳細・購入はこちら


文章素材集 - 脱臭
posted by shop ideai 店長 at 00:58| Comment(0) | 気になるニオイの消臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメントとは?

サプリメント

日常の食生活の中で不足しがちな栄養成分などを補う食品。カプセル、錠剤、リキッドタイプのものがある。日本では2005年にサプリメントを「ビタミン、ミネラル、ハーブなと一種類以上の栄養素が含まれる栄養補給のための製品である」と定義した法律が制定された。


選ぶときのポイント

現在は市場にも様々な種類や効果のサプリメントがあり、どれを選べばよいのか分からない。しかし、私たち選ぶ側が正しい知識と判断力を持たなければならない。そこで、サプリメント選択時のポイントをいくつか挙げよう。

■成分と含有量の表示があるか
どのような成分が、どれだけ含まれているのか、またすべての成分が公表されているかパッケージやっ説明書をきちんと読むこと。よく分からない場合は店員などに聞いてみるのもいい。

■天然栄養素かどうか
天然成分は一番、人体に吸収されやすく、体にかかる負担も少ない。人工的栄要素が多ければ多いほど体にとっては悪影響となり、せっかく健康のために摂取したものであっても、逆に人体に害を与えることにもなりかねる。なるべく添加物などの余計な成分が含まれていないものを選びたい。

■成分がバランスよく配合されているか
成分は単独で作用するわけではなく、ほかの成分と組み合うことで作用する。必要最低限の組み合わせができているサプリメントかどうかを確認することが必要。


効果的な摂取方法

サプリメントは食物と一緒に摂取することで、消化吸収もよくなり、効果的に働く。だだし、厳密にはサプリメントに含まれる成分によって、適切な摂取法は異なる。
たとえぼ、ビタミンB群、Cのような水溶性のビタミンは、過剰摂取しても余分な分は尿と一緒に排出されてしまうので、一度に沢山というよりも、こまめに取ったほうがよい。一方で、脂溶性のビタミンは、摂取しすぎた分が体に蓄積されるので、食品でちゃんと摂取できている場合は、とくに毎日サプリメントを取る必要はない。エネルギー源となるアミノ酸はスポーツをする前に取るのが効果的。


どのくらい取り続ければよいのか

サプリメントは医薬品ではないので、1〜2日で効果があらわれるというような即効性はない。続けることで効果は徐々に感じられる。それぞれの製品によっても異なり、個人差もあるため、決して一概には言えないが、少なくとも2週間から1ヶ月は続けることが必要。

文章素材集 - サプリメント
posted by shop ideai 店長 at 00:44| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内臓脂肪とは

内臓脂肪

人間の体につく脂肪。ないと困るけれど、ありすぎても困るという代物。その脂肪の種類には、内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があります。見た目に表れるので、肥満の原因と悪者にされてしまいがちなのは皮下脂肪ですが、実は、外側には見えない内臓脂肪の方がもっと深刻なものなのです。
内臓脂肪は、皮下脂肪よりも生活習慣病の原因になりやすいのです。そんな困った脂肪「内臓脂肪」について解説します。



■皮下脂肪と内臓脂肪の違いは?

皮膚のすぐ下につくのが皮下脂肪で、内臓の周りにつくのが内臓脂肪です。お腹の辺りや腕、足などで肉をつまむことができたりしますよね?それが皮下脂肪です。つまんで何cmあったらキケンという指標が確かあったように思います。
皮膚のすぐ下につくのが皮下脂肪で、内臓の周りにつくのが内臓脂肪です。お腹の辺りや腕、足などで肉をつまむことができたりしますよね?それが皮下脂肪です。
つまんで何cmあったらキケンという指標が確かあったように思います。目に見えて実感できるのが皮下脂肪ですが、それに比べて、目に見える形で分からない、内臓の部分につくのが内臓脂肪なので、見た目には痩せていてもそれは皮下脂肪がついていないだけで、内臓脂肪がついているという人もいます。
内臓脂肪は、お腹まわりの筋肉(腹筋)と内臓の間につきます。そのため、外からでは分からない内臓脂肪がついているかどうか、CTスキャンなどで断面映像をチェックしない限り分からないので、普段はウェストサイズで判断するぐらいしかチェック方法はなさそうです。

内臓脂肪は、男性の方が女性より腹筋が発達しているので、体質的に内臓脂肪がつきやすいというようになっています。内臓脂肪は、筋肉を動かす熱源として使われるので、脂肪酸の出し入れがしやすく、代謝が活発です。

ということは、皮下脂肪と比べて、運動などである程度までは楽に落とすことができるということになりますね。 男性と女性では、筋肉が男性の方が多い体質になるので、体脂肪率が同じ男性と女性であれば、男性の方が女性より内臓脂肪が多くついているということになります。男性が中年を迎えるとお腹周りが出てくるというのは、このせいなのですよ。男性の場合ウェストサイズが85cm以上、女性の場合は90cm以上あれば、内臓脂肪が多いかな?という可能性があります。

男性の方で、お腹回りが結構ある割に手で皮下脂肪がつまめないようであれば、内臓脂肪の可能性が大なのです。男性用のスーツのサイズで言えば、Y体を着ている人、A体を着ている人はA7以下ならセーフです。AB体、BB体、E体の人は要注意といったところでしょうか。


内臓脂肪が増えるとどうなるの

生活習慣病の原因となったりで、実は皮下脂肪よりも怖い「内臓脂肪」。前のページでは、皮下脂肪と内臓脂肪の違いについて説明しましたが、では、内臓脂肪が増えてしまうとどうなるのでしょうか?内臓脂肪が原因で起こりやすくなるといわれる生活習慣病やその他の病気、病気や体の不調を防ぐために、内臓脂肪を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?内臓脂肪にが増えるとどうなるかと、内臓脂肪を減らすにはどうしたらいいか、解説します。


■内臓脂肪が増えるとどうなるの?

内臓脂肪は、内臓脂肪チェック付の脂肪計で測定します。体重計などを製造販売しているメーカー「タニタ(TANITA)」の基準によると、レベル9以下を「標準」、レベル10〜14を「やや過剰」、レベル15以上を「過剰」としています。「やや過剰」の場合は、カロリー制限と適度な運動による減量が必要なレベル、「過剰」は食事制限と積極的な運動でかなりの減量が必要というレベルでという位置づけです。
内臓脂肪がつき過ぎると、生活習慣病と言われる病気を併発させやすくなります。具体的に言うと、内臓脂肪が原因で起こる生活習慣病には次のような病気があります。


糖尿病→肥満や過食が原因。血糖値が高くなり、血管や神経に悪影響を及ぼす。
高血圧症→血圧が高くなる。内臓脂肪型肥満の人に多い。
血栓症→血液中の中性脂肪の増加により善玉コレステロールが低下し、血管へ悪影響を及ぼす。

上記の病気になると、今度はそれが原因で動脈硬化を併発しやすくなります。動脈硬化というのは、血管の内側の壁に、コレステロールが付着して、血管が細くなるために、血液の流れが悪くなり詰まりやすくなるという症状のことを言います。
動脈硬化をおこすと、更に、脳血管障害(脳梗塞など)、心臓血管障害(心筋梗塞など)、下肢動脈硬化症(下肢壊疽など)などの病気に引き起こしやすくなってしまうのです。内臓脂肪がつき過ぎるのは、体に害を及ぼすこと間違いなし!というほど悪いことばかりですね。 また、内臓脂肪が原因で起きる病気にはこんなものもあります。

乳がん
睡眠時無呼吸症候群
脂肪肝
胆石
子宮体がん
変形性関節症
通風

■内臓脂肪を減らす方法

内臓脂肪は、皮下脂肪と違って、意外と落ちやすいのです。内臓脂肪はつきやすいけれど、落ちるのも早いので、運動によって計画的に減らすことが可能です。有酸素運動やバランスの取れた食事によって減量することができます。

内臓脂肪は、腹筋につくものだから、腹筋を鍛えればいい?と思われがちですが、腹筋を鍛えても内臓脂肪を減らす効果は期待したほどありません。一番有効なのは、やはり有酸素運動です。

有酸素運動は、脂肪を燃焼させるのですが、燃焼させる順番としては、まず内臓脂肪、その次に皮下脂肪という順番で燃焼させます。

有酸素運動は、20〜30分以上持続して行わないと、脂肪が燃焼されないと言われていますが、実は、30分間の運動を1回行うよりは、10分間の運動を5回行った方が相対的には燃焼した脂肪量は多くなります。
無理して30分間運動を行うよりも、1日に何回か短い時間運動した方が気持ち的には楽ですよね。 自分のやりやすい運動方法で、無理なく内臓脂肪を燃やして、健康な体作りをしましょう。

文章素材集 - 内臓脂肪



posted by shop ideai 店長 at 00:35| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。