2009年02月28日

プラセンタ

プラセンタ

いつまでも若く美しく健康でいたい・・・。誰しも、そう願わずにはいられないのではないでしょうか?残念ながら、生きている限り、加齢を止めることはできませんし、そうである以上老化も止めることはできません。でも、少しでも若く美しく健康でいられるように日頃からケアすることは可能です。
美肌や美白、アンチエイジングのアプローチはいろいろありますが、今話題を集めているのはプラセンタというアプローチ。



プラセンタを食べるのは動物の本能

プラセンタと聞いても「?」な人でも、胎盤と聞けば「!」な人は多いでしょう。プラセンタとは英語で胎盤のことを指します。胎盤は、妊娠したときに母体の子宮の内側に形成される器官のことです。胎盤の形態は動物の種類によって異なりますが、人間の胎盤は通常円盤状です。胎盤は、へその緒(臍帯)によって胎児と繋がっています。胎児は、この胎盤から栄養の補給を受けたり老廃物を排泄したりしながら成長していきます。 つまり胎盤は、胎児が発育するのに必要不可欠なものであり、各種の栄養素や多数の生理活性物質を蓄えています。人間を除く全ての哺乳動物が出産後に胎盤を食べるのは、外敵から身を守るために血の臭いを早く消すためであり、また、出産によって低下した体力を回復させるために栄養を補給するためでもあるのです。人間の祖先も、胎盤を食していたかもしれません。

「人間が胎盤を食べる」と聞くと、抵抗感を覚えるかもしれませんが、奇異なことでも野蛮なことでもありません。
昔は日本でも、出産後に胎盤を食べる風習がありました。現在日本では、(人間の)胎盤は、感染症を防止するために医療廃棄物として処分されます。このため、日本の病院で出産をした場合、胎盤を食べる機会はほとんどないでしょう。中国では胎盤を食べる風習が残っているそうです。



プラセンタは不老不死の妙薬!?


プラセンタは、古来より、経験的に美容や健康に良いことが知られていました。
古代ギリシャのヒポクラテスが治療に使用していた、あるいはまた秦の始皇帝が不老不死の妙薬として愛飲していた、と伝えられています。中には、クレオパトラら“世界の美女”が美容のために愛用していた、という話まで。

実際のところ、中国では、胎盤は漢方薬として珍重されてきました。唐の時代に編纂された漢方医学書『本草拾遺』においては「人胞」「胞衣」という名前で、明の時代に編纂された薬学書『本草項目』においては「紫河車(しかしゃ)」という名前で、紹介されています。『本草項目』によれば、紫河車は「気や血、精を補い養う」生薬であり、滋養強壮や解毒作用、精神安定など多方面に活用されていたようです。この紫河車は、胎盤を火であぶって乾燥したもので、現在でも様々な漢方薬に配合されています。
紫河車は、韓国や日本にも伝来し、日本においては、加賀の国(現在の石川県)の三大秘薬の一つ、「混元丹(こんげんたん)」に使用されていました。
プラセンタは、体内において様々な調整作用をもち、体の各部各所を本来の健康な状態に戻そうとする力(自然治癒力)を発揮します。
プラセンタには、成長因子あるいは細胞増殖因子(グロースファクター,growth factor)が含まれています。

これは、細胞分裂を適切にコントロールするもので、細胞を刺激し、細胞の増殖・成長を促進するのに必要不可欠の因子です。胎児が子宮の中で驚異的な成長を行うことができるのはこの成長因子のおかげと言えます。
プラセンタに含まれている成長因子には、肝細胞増殖因子(HGF,Hepatocyte GF)、神経細胞増殖因子(NGF,Nerve GF)、上皮細胞増殖因子(EGF,Epidermal GF)、線維芽細胞増殖因子(FGF,Fibroblast GF)、インシュリン様成長因子(IGF,Insulinelike GF)など、数多くあります。
細胞の表面には、多くの異なるタイプの受容体(レセプター)が存在します。プラセンタの成長因子は受容体に結合し、細胞分裂が適切に行われるように必要な情報を細胞に伝達します。細胞は、その情報を受け取って分裂します。こうして、各種成長因子によって、新陳代謝が活発になり、古い細胞が新しい細胞に置き換わり、それに伴って全身の細胞が活性化し、全身の組織、臓器、肌を若返らせることができるのです。
現在、プラセンタは、その作用から医療用医薬品や一般医薬品として、スイスや中国など世界各国で広く利用されています。滋養強壮、疲労回復、胃腸障害、十二指腸潰瘍、自律神経失調症、更年期障害、乳汁分泌不全、慢性肝疾患、アレルギー性疾患、アトピー性皮膚炎、肌あれ、ニキビ、白内障、老眼などを対象とした医療用注射薬、また内服薬、外用薬としても認められています。
日本の医療機関で医療用医薬品や一般医薬品として使用されているプラセンタの原材料は、すべて厚生労働省の認可を受けた安全なヒト胎盤から抽出されたプラセンタエキスです。
プラセンタ注射は即効性がありますが、プラセンタエキスを積極的に医療や治療に取り入れている医療機関でなければ受けることはできません。



できることから始めよう!自分でできる簡単プラセンタ


プラセンタは、医療治療分野のみならず、化粧品や健康食品、サプリメントなど日常生活においても広く利用されています。このような商品は、プラセンタ注射のような即効性はないものの、日常生活の中で簡単にプラセンタエキスを利用することができます。
化粧品や健康食品、サプリメントとして使用されているプラセンタの原材料は、かつては、牛の胎盤から抽出されたプラセンタエキスでしたが、狂牛病問題以降、一般的に豚の胎盤から抽出されたプラセンタエキスに切り替えられています。

プラセンタには、前述した通り、細胞増殖を促進させるグロースファクターが含まれています。このほか、プラセンタには、栄養成分であるアミノ酸、お肌の弾力やみずみずしさを保つ保湿成分であるコラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれています。
これらの有効成分がお肌に浸透すると、新陳代謝が活性化し、肌細胞の保水力や弾力が改善し、またシミやソバカスの原因となるメラニン色素の排除が効果的に行われます。つまり、プラセンタによって美肌効果や美白効果を得ることができるのです。お肌がみずみずしいだけでも、実年齢よりも若々しく見えます。

プラセンタエキスは、化粧品や健康食品、サプリメントとして数多く商品化されています。中には、濃度の薄いものや、有効成分が少ないものもあり、得られる効果は商品によって差があります。成分表示や使用用途が明記されている商品を選ぶのがよいでしょう。
なお、化粧品や健康食品、サプリメントとしてのプラセンタエキスは、医薬品ではありません。このことを踏まえた上で上手に日常生活に取り入れましょう。



動物性プラセンタと植物性プラセンタ


人間や牛、豚などに由来するプラセンタは動物性プラセンタです。これに対して、大豆やライ麦、トウモロコシなどに由来するプラセンタを植物性プラセンタと言います。
言うまでもなく植物には胎盤はありません。植物にとって、哺乳動物の胎盤の働きをするのは、胚の若芽の中心部で作られる胎座です。この植物の胎座も、胎盤と同様、英語でプラセンタと言い、植物の成長期に実の栄養分となります。
植物の胎座から抽出された成分、植物性プラセンタには、アミノ酸やビタミン群、ミネラル類が豊富に含まれています。ただし、動物性プラセンタに存在する成長因子は植物性プラセンタには含まれていないようです。したがって、植物性プラセンタには、アミノ酸やビタミン群、ミネラル類などによる美肌・美白効果を期待することができるにせよ、動物性プラセンタの成長因子による細胞活性効果と同等の効果までは期待することができないでしょう。

文章素材集 - プラセンタ
posted by shop ideai 店長 at 23:55| Comment(0) | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プエラリア

プエラリア





豊かな胸、はりのある胸、若々しく柔らかい胸。女性なら誰でも憧れますよね。
バストラインやボディラインがキレイに見える服を着たい、胸元の大きく開いたセクシーな服を着こなしたい、出産やダイエットで最近バストラインやボディラインが崩れてきた、水着になるのが恥ずかしい...。
などなど、いくつになっても女性のバストやボディの悩みは尽きません。



かと言って、豊胸手術を受けるには勇気がいるし、費用だって結構かかる...。マッサージによってバストアップ効果を狙う方法もありますが、マッサージよりも簡単にバストアップ効果を狙える方法があります。それはサプリメント。 黒豆ココアで一躍有名になったイソフラボンも捨て難いですが、今話題沸騰中なのはなんと言ってもプエラリア!

プエラリアはこんな人におすすめ

こんなかたにプエラリアはオススメです。

・「小さい」「はりがない」「たれてきた」など、バストにコンプレックスを持っている方
・シワやシミが増えてきた、あるいは消えにくくなってきたと感じる方
・体の内側からキレイになりたい方
・年齢とともに女性ホルモンの分泌が少なくなってきていると感じている方
・ホルモンバランスが崩れている方

プエラリアとは?

プエラリアとは、タイやミャンマーの北部の亜熱帯に自生するマメ科クズ族の植物で、学名はプエラリア・ミリフィカ(Pueraria Mirifica)、現地ではガウクルアと呼ばれています。

タイのある特定の村の女性だけが、他の種族と異なって肌が白くバストが大きくキレイなプロポーションをしていることから、その原因がプエラリアであることが明らかになりました。また、プエラリアが女性の美容と健康に役立つと記された古い書物が寺院から発見されています。

この植物には、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような作用(エストロゲン様作用)を持つ物質が豊富に含まれています。プエラリアには赤・黒・白の3つの種類がありますが、そのうちバストアップに効果があるのは白色のプエラリアだけと言われています。 イソフラボンは、大豆に豊富に含まれていることがよく知られていますが、プエラリアには大豆の約40〜50倍含まれていると言われています。
また、プエラリアには、イソフラボンよりも強力なエストロゲン活性効果のあるミロエステロールやデオキシミロエステロールが含まれています。ミロエステロールやデオキシミロエステロールはプエラリア特有の成分です。 プエラリアは根に成分を蓄える植物です。このため、樹齢を重ねたものほど、その効果が大きくなります。



プエラリアがもつ美容効果


プエラリアは、エストロゲン様作用によって様々な美容効果を期待できます。


・バストアップ、胸のはりを保つ
・シミ、シワ、クスミなどを改善する
・ニキビを予防する
・髪質を改善する
・コレステロールの増加を防止する
・生理不順を改善する
・更年期症状を緩和する

プエラリアを使用するときの注意

一般的にプエラリアには特に問題となるような健康被害や副作用は知られていませんが、プエラリア自体、エストロゲン様作用物質を含んでいるので、同様の物質を含むサプリメントと併用する際には、植物性エストロゲンの過剰摂取になる可能性があります。

生理中や妊娠・授乳中には使用を控えた方がよいでしょう。異常があわられたら、医師に相談してください。また、ホルモン剤や抗がん剤を服用している場合には念のために医師に相談してください。

なお、発疹などの皮膚障害や胃腸障害といったアレルギー症状が現れている場合、あるいはプエラリアの摂取によって現れた場合には、使用を見合わせてください。 プラエリアに限らず植物性エストロゲンを含むサプリメントの場合、その効果については非常に個人差が大きいので、自分の体調をみながら利用しましょう。



プエラリアを使いこなす!〜サプリメントとマッサージで相乗効果!


サプリメントを摂取しつつ、バストアップの相乗効果を狙うなら、大胸筋マッサージと乳房マッサージ。これらのマッサージは、入浴中か入浴後に行うと、適度に体が温まって血行がよくなっているので効果的です。
なお、マッサージは、毎日行うと、バストの細胞の成長を妨げたり、お肌をいためたりする原因となるので、適度な間隔をあけて行うようにしましょう。また、滑りのよいジェルやクリームなどをつけると、お肌への刺激をおさえられるでしょう。



〔大胸筋マッサージの方法〕


大胸筋はバストを支えている筋肉です。この筋肉をマッサージで血行よくして、バストのたれを防ぎます。


右手を広げて親指以外の指をピッタリくっつけます。次に、親指をほかの指に対して直角に立てます。
体温計を脇の下にはさむような感じで、ぴったりくっつけたままの親指以外の指を左脇の下にはさみます。このとき直角に立てた親指は、肩の付け根部分につけます。そして、脇をはさみこみます。
脇を中心に肩の付け根から乳房にかけて丹念にマッサージします。このとき、親指だけに力を入れますが、親指の指先ではなく付け根部分で圧迫するようにすると効果的です。
同じ要領で、反対側の胸部もマッサージします。両胸の均一性を保つために、圧迫する回数などを決めて左右両方とも同じように行うことを心がけましょう。

〔乳房マッサージの方法〕

乳房そのものをマッサージします。バストは90%の脂肪と10%の乳腺からできています。この乳腺をマッサージで刺激することでバストアップをはかります。

左手を乳房の上に当て内側に、右手を乳房の下に当て、上に引き上げるようにして弧を描くようにゆっくりとマッサージします。
このとき、カップを潰さないように、左手は乳首のやや上当たりから鎖骨の下ぐらいまでを移動させながら、右手は乳房のふもと部分にやや力をいれるようにしましょう。
同じ要領で、右手と左手を逆にしてマッサージします。こちらも、大胸筋マッサージと同様に、左右両方とも同じように行うことを心がけましょう。






文章素材集 - プエラリア
posted by shop ideai 店長 at 21:42| Comment(0) | コスメ、美容関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セラミド

セラミド

セラミドはいったいなんでしょう?
透明感があってがあってみずみずしく、はりや弾力があって柔らかく、血色がよくて生き生きした肌。そんな美しい肌に憧れない女性は皆無でしょう。
『美しい肌を保つためには水分が必要不可欠』というのはもはやスキンケアの常識。



でも、いくら水分を補給しても保持できなければ意味がありません。水分保持能力が低い肌は、やがて乾燥が進み、柔軟性を失い、確実に肌の老化を進行させていきます。お肌に水分を与えることも大事なことですが、お肌自体の水分保持能力を高めることが何よりも大切。お肌の水分保持能力を保つ、つまりお肌の美しさを保つのに欠かせない要因の一つがセラミドです。

セラミドは美肌の鍵を握る

皮膚は、表皮層、真皮層、皮下組織の3つの層に大別されます。このうち表皮層にある角質層(コルネオサイト)に水分がたくわえられています。健康な肌であれば、角質層には10〜20%の水分が含まれています。水分が10%をきると、乾燥してカサカサした肌になります。

角質層には水分をたくわえる保湿機能のほかに、外側からの刺激を防ぎ、内側から必要成分が失われるのを防ぐバリア機能という重要な働きがあります。バリア機能が弱いと、様々な肌トラブルの原因になります。

角質層の水分は、皮脂膜・天然保湿因子(NMF, Natural Moisturizing Factor)・セラミド(ceramide)によって保持され、そして保護されています。

皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される汗が混じりあって形成された天然乳化物です。皮脂膜が適度にある皮膚は、しっとりうるおい、なめらかな肌になります。皮脂が多すぎると、脂っぽくなったり、汚れがつきやすくなったり、ニキビや吹き出ものができやすくなったりします。逆に少なすぎると、保湿能力が落ちてカサついたりザラついたり、バリア機能が落ちて外界からの刺激を受けやすくなったりします。

NMFは、その約40%がアミノ酸から構成されています(そのうちの約30%がセリン)。吸湿性と保湿性にすぐれ、スポンジのように水分を吸収し保持する働きがあります。このNMFが、角質層がどれだけ水分をたくわえられるかを決定すると言われています。NMFが不足すると、角質層は水分をしっかりたくわえておくことができなくなり、肌あれや乾燥肌などの肌トラブルの原因になります。

そしてセラミドは、角質層の細胞と細胞の隙間を埋めてつなぎ合わせている脂質の約半分を占める主要な成分です。セラミドもまた、豊富な水分を抱え込み、その水分が蒸発しないように働く一方で、外部からの刺激や細菌の進入を防ぐように働きます。セラミドが不足すると、保湿機能が低下してカサカサした状態になると同時に、バリア機能も低下してダメージを受けやすい状態になります。セラミド不足もまた、肌あれやシミなど様々な肌トラブルを招く原因になります。

たとえば、アトピー性皮膚炎の人は、体質的にセラミドが少ないことがわかっています。また、NMFの主成分であるアミノ酸量も少ないことが報告されています。このため、慢性的にバリア機能が低下し、刺激を受けやすく抗原や化学物質が皮膚内に入り込みやすいのです。

皮脂膜、NMF、セラミド、それらの持つ保湿機能とバリア機能がそろって初めて、皮膚は水分を保持することができるのです。

セラミドの量は体質できまりますが、NMFと同様に10代半ばをピークに、加齢に伴って減少して40代では半減すると言われています。また、気候や環境、食生活の変化などによっても減少します。実年齢を止めたり戻したりすることはできませんが、肌年齢を止めたり戻したりすることは可能です。セラミドを補給して、いつまでも美しい肌でいましょう。



セラミドを補給しよう!


セラミドは、以前は牛脳由来のものがほとんどでしたが、狂牛病が広まって以降は直物由来のもの、あるいは合成のものが主流になっています。
セラミドは、食品では、小麦、大豆、米、キビ、ほうれん草などに含まれています。
このうち、小麦胚芽油から抽出されるセラミドが最良のものと言われています。なぜなら、植物性セラミドの中で最もヒトのセラミドに近いから。

その一方で、米胚芽から抽出されるセラミドは小麦由来のセラミドよりも水分を保持する効果に優れています。
しかし、小麦や米ぬかなどに含まれるセラミドの量は少ないため、最近注目を集めているのが生芋こんにゃくです。
生芋こんにゃくの原料となるこんにゃく芋には、米ぬかや小麦などの7〜15倍ものセラミドが含まれていることが明らかにされています。

普通のこんにゃくはこんにゃく粉から造られるのに対して、生芋こんにゃくは直接加工されるので、生芋こんにゃくの方がセラミドをより多く含んでいます。こんにゃく芋由来セラミドは、サプリメント、お菓子・デザート、ダイエット食品、ドリンクなどに含まれています。また、こんにゃく芋は平安の昔から日本人が食してきたものですから、こんにゃく料理のレシピも豊富に揃っています。こんにゃくは、以前から低カロリー料理としてダイエットに取り入れられてきた食材でもあります。上手に利用してセラミドを体の内側から補給しましょう。また、体の外側からは、セラミド配合のスキンケア商品や化粧品などで補給しましょう。セラミドの配合濃度が高いほど効果があります。市販のスキンケア商品や化粧品を選ぶときは、アレルギー、狂牛病、遺伝子組み替えなどの問題がない安全なものを選ぶようにしましょう。ナチュラル志向派の方は、セラミド入りのオリジナルの化粧品・石鹸作りにチャレンジしてみるのも楽しいのでは?



セラミド雑学〜肌が生まれ変わるサイクル;ターンオーバー

健康な肌は通常28日周期で生まれ変わります(40〜60日という説もあり)。
もう少し具体的に言うと、表皮細胞は、基底層で生まれて、性質や構造を変えながら、有棘層・顆粒層へと押し上げられ、角質層に辿り着き、最後は角片(アカ)となって剥がれ落ち、新しい角質層に変わります。この新陳代謝のサイクルをターンオーバーと言います。美白の大敵、メラニン色素もこのターンオーバーによって脱落します。

ターンオーバーが順調であれば、肌は保湿機能とバリア機能の高い肌になります。このターンオーバーのスピードは、加齢とともに1.5〜2倍程度遅くなっていきます。逆に、ストレスや紫外線、乾燥などのダメージを受けると速くなります。

ターンオーバーが遅くなると(過角化,ハイパーケラトージス)、角質層がなかなか剥がれ落ちずに肌表面に蓄積されて角質肥厚(かくしつひこう)を起こし、肌はなめらかさや透明感を失いくすんでしまいます。また、メラニン色素も皮膚の中に残ってしまいます。肌が固くなったり、お化粧のノリが悪くなったり、日焼けした肌が元に戻らなかったりしたら、角質肥厚が起こっているのかもしれません。
ターンオーバーが速くなると(錯角化,パラケトージス)、表皮細胞が十分に成熟しないまま角質層に押し上げられることになります。未熟な角質細胞は保湿機能やバリア機能が低く、肌荒れや乾燥の原因となります。

低下したバリア機能を強化し、表皮各層での正常な分化と角質細胞のスムーズな剥離を促進することは、規則正しいターンオーバーを促します。そのためには、角質層のNMFとセラミドのバランスを保つことが大切です。



セラミドは美しい肌だけじゃない、美しい髪もつくる!


セラミドは、お肌のみに限らず髪にとっても大切な成分。毛髪細胞間脂質の約50%がセラミドで、5〜6層からなるキューティクル同士をつなぐ働きをしています。セラミドは、ドライヤーの熱や紫外線、カラーリングや縮毛矯正などの薬液によって、タンパク質とともに髪の外に流れ出してしまいます。タンパク質やセラミドが失われた髪は、水分を保てなくなり、パサパサの髪になります。セラミド配合のパックやトリートメントで、ダメージへアを美しい髪へ!



セラミドを補給した後はどうするか・・・


セラミドを補給するだけでは美しい肌は手に入りませんし、美しい肌を保つこともできません。むしろ、セラミドの補給は美しい肌への第一歩です。いつまでも美しい肌を保つためには、先ず、毎日のスキンケアと食生活を見直し、肌の老化を進める要因の芽を早めに摘み取っておきましょう。


栄養バランスのとれた食事をしていますか? 基本中の基本です。栄養の偏った食事は肌を痛めつけます。特に脂肪や糖分のとりすぎには注意しましょう。逆にビタミン群は、肌を老化させる活性酸素を除去する抗酸化物質なので、積極的にとりましょう。

自分の肌に合った正しいスキンケアをしていますか?まったく肌の手入れをしないことはもちろんのこと、肌に合った手入れをしなければ肌の老化は進みます。自分の肌が、乾燥肌、普通肌、脂性肌のどれに当てはまるのかを正しく知ることから始めましょう。

紫外線対策をしていますか?紫外線はお肌の大敵です。しみやしわの原因の80%は紫外線と言われています。紫外線の強い日に紫外線の強い場所へ出かける場合には紫外線対策をしっかり立てましょう。日焼けしてしまったら、早めにお手入れしましょう。

タバコを吸っていませんか? タバコは健康のためにもお肌のためにもよくありません。肌にとっては、皮膚のくすみや乾燥など肌トラブルを引き起こす原因になる可能性があります。また、タバコは体内に大量の活性酸を発生させ、これに伴って体内のビタミンCも急速に失われていきます。禁煙が無理なら、せめて1日10本以下に抑えたいものです。

快眠していますか?夜は、一日の中で新陳代謝が最も活発に行われる時間帯(特に午後10時〜午前2時)です。この時間帯にたっぷり睡眠をとると、肌への栄養が行き渡ります。逆に睡眠が足りないと、新陳代謝が悪くなります。この時間帯には、最低限メイクは落としておきましょう。

過激な運動をしていませんか?運動をすれば酸素の消費量も増え、その消費量に比例して、老化の原因となる活性酸素も大量に発生します。普段から運動していれば活性酸素を除去する酸素が体内に出来ていますが、そうでなければ活性酸素を増やしてしまいます。自分のペースにあった運動をしましょう。

ストレス解消法を持っていますか?ストレスもまた活性酸素を発生させます。肌の老化が進むだけでなく、ストレスは様々な心身の病気を引き起こす原因になります。自分に合ったストレス解消法を見つけて、ストレスとうまく付き合っていきましょう。

過激なダイエットをしていませんか?過激なダイエットもお肌の大敵です。カロリーカットのために油分を一切断ってしまうと肌荒れの原因になります。1日大さじ2杯ぐらいは植物油を摂取しましょう。また、ダイエットによるストレスもお肌に悪影響を及ぼします。お肌の調子が悪くなったら、即座にダイエット方法を見直しましょう。
肌年齢を簡単チェック!
30秒間1円玉を頬に押し当てて、その跡がとれるまでの時間で大体の肌年齢がわかります。チェックしてみましょう。

1.15分以内 10代
2.16〜25分 20代
3.26〜35分 30代
4.36〜45分 40代
5.46分以上 50代

肌年齢と実年齢が一緒であれば理想的で、実年齢よりも肌年齢が若ければ完璧です。実年齢よりも肌年齢が大きく上回っているなら、今すぐスキンケアと生活習慣を見直しましょう!アンチエイジングのためにも、早めに対処するのがポイント!

文章素材集 - セラミド
posted by shop ideai 店長 at 21:33| Comment(0) | コスメ、美容関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。