2012年04月25日

育児と子供の病気

子供って、小さい頃は何かと病気にかかりやすいものです。

生後半年までは母親からもらった免疫があるので抵抗力はあるものの、それが過ぎた頃に徐々に感染症にかかりはじめます。

予防するには、あまりむやみに人ごみに連れ出さないこと、手洗い、うがいをこまめにして寝具や衣類は洗濯をまめにして日光消毒すること、などでしょう。部屋も掃除を怠らないようにしたいものです。

大人も例外ではなく、基本的には子供と同じような方法で予防できます。

連休前にしっかりと健康管理しましょうね。
【関連する記事】
posted by shop ideai 店長 at 15:22| Comment(0) | 病気の予防について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産と子育て

三人目の出産からもうすぐ1年。

待望の女の子ということもあって、今年のGWは皆で小旅行に行くことにしました黒ハート

前半の29日は別府に、後半の子供の日は長崎にと、運良く旅館も予約出来て子供たちは早くも興奮気味ですぴかぴか(新しい)
posted by shop ideai 店長 at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

せっけん

せっけん

⇒体臭予防関連商品の詳細・購入はこちら


動物や植物の油脂をアルカリで煮込んだもの。 通常、水の中に油を入れても決して交じり合いませんが、油と水を混じり合わせて汚れを浮かす事によって汚れを落とす働きをするものを界面活性剤と言います。 この働きを利用して洗濯物の汚れを落としたり、体を洗浄しているのです。




洗剤を使う事が多くなってきて石鹸を使われる事は少なくなりましたが、洗剤に比べて衛生面や健康面でもせっけんの方が遥かに安全なのです。 アトピーの酷い人が、洗濯する際に洗剤からせっけんに切り替えて症状が軽減したと言う例も出ています。 その為、環境や人体への影響を考えて手作りせっけんを使う人が増えてきています。

せっけんの起源

紀元前5000年、天然の炭酸ナトリウムと粘土で体を擦る習慣があったと伝わります。 この時から、人は水だけでは落ちにくい汚れに対して何か使う事を考えていた様です。    せっけんの原形が登場するのは紀元前2500年、チグリス・ユーフラテス川の領域で発見された粘土板に、くさび形文字で石鹸の作り方が記録されていたのです。 ここでは油と炭酸カリを用いる方法を記されており、液体石鹸の起源と考えられます。 その後、移民や航海する民族の手によって世界各地へと広まるにつれ、せっけんも少しずつ進歩を遂げて現在の様になったのでした。

せっけんと合成洗剤の違い

同じ界面活性剤の働きで汚れを落としているのに、洗剤は環境に悪いと言われます。 何故そんなにも違いがあるのでしょうか。 せっけんは天然の油脂から作られますが、合成洗剤は石油分解ガスから科学的に合成されたものなのです。 天然ものと科学的なもの、どちらが体に良いかお分かりですよね。 同じ界面活性剤でも、せっけんは皮膚に触れると分解して無くなります。 一方、合成洗剤は皮膚に触れてもすぐには無くならず、体内へと侵入してしまいます。 環境面でも、すぐに分解して無くなるせっけんと違って、合成洗剤は分解が遅く長い間川や海を汚し続けてしまうのです。

手作りせっけん

手作りせっけんを購入するのも良いですが、自宅にあるものを使っても作る事が出来ます。 次から、使用して捨てる予定の油を使った廃油せっけん、懐かしいシャボン玉用せっけん、今話題のとろとろせっけんの作り方をご紹介します。

廃油せっけんの作り方

【材料】
◦苛性(かせい)ソーダ(脂肪酸ナトリウム):60g
◦水:120cc
◦廃油:400cc

※苛性ソーダは一部の薬局で購入出来ます。印鑑が必要で、住所と名前・用途を聞かれます。

【手順】
1.ゴム手袋を着用し、苛性ソーダを水の入ったガラスの空き瓶に入れます。その際、ステンレスの棒で瓶の水をかき混ぜながら入れます。 ※有毒ガスが発生しますので、換気を行いながら作業し、顔を近付けない様にしましょう。
2.一気に高温になるので、注意して作業を進めます。
3.万が一、触れてしまったら酢やレモン汁で中和を行って下さい。
4.ボールに廃油を入れ、1を流し込みます。
5.泡だて器で20分間かき混ぜます、休みを入れずに行わないと失敗するので注意。
6.ドロリとし、泡だて器で文字が描けるのを目安に、タッパーや牛乳パックに流します。
7.ラップで蓋をして1週間放置します。

※この間まで苛性ソーダが危険ですので、素手で触れるのは避けましょう。
8.入れ物から取り出したら、好みの大きさに切り分けます。
9.風通しの良い場所で3〜4時間乾燥させれば完成です。

シャボン玉用せっけんの作り方

【材料】
◦固形せっけん:小さじ1
◦砂糖:小さじ1
◦グリセリン:お湯の1/3
◦お湯:コップ1杯分

【手順】
1.使用するコップをしっかりと洗浄し、固形せっけんを細かく刻みます。
2.お湯の入ったコップに刻んだせっけんを加えます。
3.砂糖を加えたら混ぜ溶かし、グリセリンを加えて混ぜれば完成です。

※大きなシャボン玉を作りたい場合は、これにガムシロップや卵の白身、炭酸水、片栗粉を少し加えましょう。

とろとろせっけんの作り方
•今あるせっけんで簡単に作れるのに、洗浄力は抜群です。 手順は固形(洗濯・通常どちらも可)せっけんを7〜8等分にし、大きめの容器に入れて適当にお湯を注ぎます。 それを一晩置いて、お湯がドロッとすれば完成です。 たったこれだけですので是非お試し下さい、洗濯にも食器洗いにも最適です。

⇒体臭予防関連商品の詳細・購入はこちら


文章素材集 - せっけん
posted by shop ideai 店長 at 12:37| Comment(0) | コスメ、美容関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。